JRA中央競馬情報 天皇賞を振り返って

レースを振り返って/天皇賞

 <フェノーメノ=1着>蛯名騎手 正面スタンドの前で息が入ったのでよかった。去年の秋は(脚部不安で)使えず厩舎、牧場、僕も悔しい思いをしたので、結果を出せてよかった。自分の競馬をして駄目だったら、しょうがないと思っていた。

 <ウインバリアシオン=2着>武幸騎手 やったと思ったが、あと100メートルで止まった。勝つ勢いだったけど、相手がしぶとかった。

 <ホッコーブレーヴ=3着>田辺騎手 人気の馬は後ろからだろうし、一発狙って馬込みに潜り込んだ。せこい乗り方かもしれないが、力がないと割って伸びてはこれない。自分の馬も伸びているが平たん分、勝ち馬の脚の方が良かった。京都に坂があったら・・・。日経賞の走りがウソじゃないという走りを見せられた。

 <キズナ=4着>武豊騎手 レース自体はいい感じで走ってくれたけど、思ったほどラストで伸びてくれませんでしたね。距離? 分からないけど、本来の末脚が出なかった。

 <タニノエポレット=5着>和田騎手 マイペースで乗れたし、4角の手応えも良かった。よく頑張ってますよ。

 <フェイムゲーム=6着>北村宏騎手 自分のペースで進められたが、勝負どころで外に張られるところはあった。それでも、このメンバーで差を詰めているし、いい経験になるはず。

 <サトノノブレス=8着>浜中騎手 前で乗るのは想定していた。1周目の正面で何頭かに来られてペースを上げざるをえなかったですが、それは逃げた馬の宿命ですから仕方ない。

 <ゴールドシップ=7着>ウィリアムズ騎手 返し馬までは落ち着きがあったけど、ゲートの中で力んだ。結果的に、あの出遅れがロスになった。申し訳ない。

 <ラストインパクト=9着>川田騎手 1周目の下りで行きたがるところはあったが、しばらく気持ち良く走らせるとすぐに我慢できてリズム良く走れた。G1でこの距離、よく頑張ってますよ。

 <サイレントメロディ=10着>池添騎手 芝の走りは悪くなかった。すごく乗りやすいし、ばったりは止まってない。

 <アドマイヤフライト=11着>福永騎手 イメージ通りの競馬はできた。現時点ではこのメンバーでは力不足なのかもしれないが、これから力をつければ。

 <オーシャンブルー=12着>藤田騎手 この枠だし、内に入れられなかった。枠がつらかった。

 <アドマイヤラクティ=13着>四位騎手 外を回りたくなかったので内に入れた。折り合って運べたけど、3角から手応えがあやしくなってきた。

 <レッドカドー=14着>モッセ騎手 状態は去年以上に良く、思い通りの位置で競馬できたが、最後の600メートルぐらいから反応しなくなった。馬の能力は申し分ないが、年齢的なものか速い馬場に対応できなかった。全力を出してる。

 <ヒットザターゲット=15着>北村友騎手 外枠から前へ。1周目の正面で外から来られて折り合いを欠くところはあったけど、そこ以外はいい感じ。最後はいっぱいになりました。

 <ジャガーメイル=16着>石橋脩騎手 (勝負どころで)挟まって1度下げたのが痛かった。

 <デスペラード=17着>横山典騎手 外枠は不利。今日は気持ちがなかったのか・・・攻め馬では具合が良さそうに見えたけど。

 <アスカクリチャン=18着>秋山騎手 本質的に3200メートルは長いのかも。