JRA中央競馬情報 レースを振り返って/京都新聞杯

レースを振り返って/京都新聞杯

<ハギノハイブリッド=1着>秋山騎手
手応えが良かったので、進路を探すだけでした。

<サウンズオブアース=2着>浜中騎手
道中はいい感じで走ってくれましたが、
まだ背腰に緩いところがあって外に張ってしまい、そこで脚を使った感じでした。

<ガリバルディ=3着>福永騎手
出遅れがこたえた。道中でずっとハミをかんでいた割によく伸びている。能力はある。

<シャドウダンサー=4着>武豊騎手
返し馬の時、コズミ気味のキャンターだった。
レースでも硬い走りだったけど、その割にはしぶとかった。

<ミヤビジャスパー=5着>池添騎手
久々のせいか仕掛けてから鈍かった。

<スズカデヴィアス=6着>酒井騎手
追い出してから、追うごとに頭が上がってしまった。

<モーリス=7着>川田騎手
道中はリズムよく運べたけど、最後は止まった。距離の壁かな。

<ブレイヴリー=9着>国分恭騎手
ラスト100メートルで止まってしまった。少し距離が長いかな。

<ロングリバイバル=10着>小牧騎手 流れが厳しかった。

<オールステイ=12着>中谷騎手
1コーナーで競る形になったのがすべて。

<アズマシャトル=13着>松山騎手
勝ち馬と同じような位置にいたけど4コーナーで一杯になってしまった。

<ダンディーズムーン=14着>和田騎手
内にささってどうしようもなかった。

<ステイインシアトル=15着>ウィリアムズ騎手
とても雰囲気のいい馬で期待したが、キャリアの浅さが出てしまった。

<ポグメラネイト=17着>藤岡佑騎手
前半はスピードを見せたけど、やはり厳しかった。ダートでがんばってくれるでしょう。