タグ別アーカイブ: 競馬情報

JRA中央競馬情報、天皇賞特集

どんどん新聞社から情報が入っています

天皇賞(春)特集

データセンター

前走

 最近10年の1~3着馬30頭の前走は、日経賞9頭、大阪杯7頭、阪神大賞典6頭。
この3レースが大半を占める。あとは京都記念3頭と大阪―ハンブルクC3頭。
ダイオライト記念とドバイWC(外国馬レッドカドー)が1頭ずつ。
オープン特別「大阪―ハンブルクC」が前走の3頭の人気は13番、
14番、16番で大穴を出している。今年は同レース勝ち馬タニノエポレットが参戦。

人気

 1番人気馬は最近10年で【1018】と1勝、3着1回と大不振。
勝った1頭は06年のディープインパクトで次元の違う馬だった。
このデータだけを見れば、とても1番人気馬は買えない。2番人気は少しましで【3214】。
連対率5割なら、それなりに信頼できそうだ。3番人気も【1306】と連対率4割。
データを見る限り1番人気馬は捨て2、3番人気馬を軸に置いた方が賢明だ。
ただし、10番人気以下の馬が4勝、2着1回、3着1回と暴れまくっている。
馬連は14番人気ビートブラックと3番人気トーセンジョーダンで決まった12年の6万1570円を筆頭に10年で5回が万馬券。
3連単は発売された05年以降9回で10万円突破が7回。
そのうち2回は100万円オーバー(05年193万9420円、12年145万2520円)。
10番人気以下の馬も馬券作戦に加える必要がある?

種牡馬

 3強の一角キズナは日本競馬界を席巻しているディープインパクト産駒。
天皇賞・春は芝3200㍍で行われるが、ディープインパクト産駒はまだ3000㍍以上の距離で勝ち星がない。
多くの産駒が中距離で抜群の切れ味を発揮するので、わざわざ長距離を使う必要はないし
、ディープインパクト自身は天皇賞・春を勝っている。3000㍍以上の距離で未勝利でも、
まったく問題ないのだろうが、少し気になるデータではある。
ちなみに11年以降の芝3000㍍以上のレースの種牡馬勝ち数トップはステイゴールドの5勝。
今年はこれも3強に数えられるゴールドシップがステイゴールド産駒だ。

天皇賞・春2勝

 今年は昨年の覇者フェノーメノの連覇と、10年勝ち馬ジャガーメイルの2勝目がかかる。
これまで天皇賞・春を2勝した馬は3頭。初の快挙を成し遂げたメジロマックイーンは91、92年と連覇し、
3連覇を目指した93年は惜しくも2着。95年のライスシャワーは93年に続いての制覇
。00、01年のテイエムオペラオーは2頭目の春連覇となったが、その間に00年秋の天皇賞も制しており、
春・秋・春の3連続天皇賞制覇を成し遂げている。
また、連覇を目指しながら2着に終わったのは
90年イナリワン、97年サクラローレル、99年メジロブライト
08年メイショウサムソン、10年マイネルキッツと5頭もいる。

外国馬

 今年は2年連続で、英国馬のレッドカドーが参戦する。
05年に天皇賞・春が国際競走になって以降、
05年豪マカイビーディーヴァ(牝6、7着=2番人気)、
11年仏ジェントゥー( せん 7、9着=8番人気)、
13年英レッドカドー( せん 7、3着=6番人気)の3頭が出走し、
唯一レッドカドーが3着で馬券にからんだ。レッドカドーは12年秋のジャパンC(8着)にも参戦しているので、
これが3度目の来日。外国馬初の春の盾制覇はなるか。

JRA中央競馬情報 天皇賞、青葉賞情報

記者から情報が

 

<天皇賞・春>

過去10年のデータを参考にする

★波乱 1番人気が連に絡んだのは06年ディープインパクトが1着となったのみ。【1・0・1・8】と苦戦をしいられている。04年イングランディーレ(10番人気)、05年スズカマンボ(13番人気)、09年マイネルキッツ(12番人気)、12年ビートブラック(14番人気)と2桁人気が4勝。とにかく荒れるG1だ。

★前走 主なステップは3つ。最多の7連対を果たしているのが日経賞(2勝2着5回)、次いで5連対の大阪杯(2勝2着3回)、阪神大賞典が3連対(3勝)でこれに続く。

★世代 4歳馬が5勝2着3回の8連対で首位。5歳馬も3勝2着3回の6連対と差はない。6歳馬は2勝2着2回の4連対。7歳以上の優勝はない。

<青葉賞>

過去10年のデータを参考にする。

★波乱含み 1番人気は5勝しているが、2着はない。5割の連対率では信頼度はひと息か? 6番人気以下の伏兵が8連対と好走しており、人気薄の激走に注意したい。

★オープン経験 昨年こそ前走500万組がワンツーを決めたが、連対馬20頭中13頭が重賞かオープン特別からの参戦。着順にはこだわらなくていいが、ハイレベルのメンバーでもまれた経験は重視したい。

★順調さ重視 連対馬20頭すべてが2月以降に競馬を使っていた。昨年は前年11月以来のレッドレイヴンが1番人気に支持されながら、11着に惨敗している。休み明けは割り引き。順調に使われてきた馬を上位としたい。

★東西比較 関東11連対、関西9連対とほぼ互角だが、関西優位の流れを考えれば、関東馬の健闘が目立つレースだ。

天皇賞情報

記者からの情報が入ってきました

エポレットあるぞ大物食い/天皇賞

 今週の日曜京都メーンは、
天皇賞・春(G1、芝3200メートル、5月4日)が行われる。

 まだ上積みがある。タニノエポレット(牡7、村山)が大物食いを狙う。

 前走の大阪-ハンブルクCも最後はきっちりと2着馬をとらえた。
今年は2勝、3着1回。7歳を迎え、メンタルの起伏が少なくなったことで安定感が増してきた。
柴田助手は「今は普段から気持ちが乗ってきた。今回も力は出せると思う」と気負いはない。長丁場得意のダンスインザダーク産駒だけに、大穴をあけても不思議はない。

ヒット距離にめど/天皇賞

 今週の日曜京都メーンは、天皇賞・春(G1、芝3200メートル、5月4日)が行われる。

 ヒットザターゲット(牡6、加藤敬)は経験を糧にする。
前走の阪神大賞典で初めて3000メートルの競馬に挑戦。

 清生助手は「前回で距離がもつのは分かった」と5着入着をプラスにとらえる。
その前走は左前脚の落鉄がありながらも、メンバー上位の末脚で追い込んできた。
「薄い影のような存在で一発を狙いたい」。単勝万馬券を演じた京都大賞典の再現を狙う。

バリアシオン鞍上29日にも決定/天皇賞

 今週の日曜京都メーンは、天皇賞・春(G1、芝3200メートル、5月4日)が行われる。

 日経賞を快勝したウインバリアシオン(牡6、松永昌)は27日に坂路を4ハロン58秒5で上がった。
「息を整える程度。馬もレースが近づいてきたのが分かった感じ」と中山助手。

 岩田騎手が騎乗停止処分となり、鞍上が白紙になったことについては「ヤスが乗れなくなったのは残念。
馬の状態はいいので、何とか不遇を乗り越えてくれないかな」と話した。騎手は29日にも決まる見込み。

ノブレス「前々なら」/天皇賞

 今週の日曜京都メーンは、天皇賞・春(G1、芝3200メートル、5月4日)が行われる。

 流れに乗ったときのサトノノブレス(牡4、池江)は侮れない。

 4着だった阪神大賞典は出遅れて後手に回り、中団後方からの競馬。
早めに動かざるを得ない状況に陥り、力を出し切れたとは言えない内容だった
。昨年の菊花賞はエピファネイアの2着。田重田助手は「前々につけられれば。
相手は強いけど、出来としては力の出せる状態」と素質上位を強調した。

フライト前走敗因は精神面/天皇賞

 今週の日曜京都メーンは、天皇賞・春(G1、芝3200メートル、5月4日)が行われる。

 アドマイヤフライト(牡5、橋田)は全休日の月曜、気持ち良さそうに洗い場で水浴び。

 日経新春杯2着後の前走日経賞は、まさかの12着大敗。張り詰めすぎた精神状態で競馬に臨んだことで、
道中は掛かって体力を浪費した。川島助手は「前走は精神的なバランスが崩れていた。
今はそれが戻って調教を積むことができているので前回みたいにはならない」と巻き返しを誓った。

フローラステークスを振り返って

レースを振り返って/フローラS

 <サングレアル=1着>岩田騎手 
本当にいい瞬発力を持っている。
抜け出すとソラを使うので、きっちりかわす競馬を求められていた。

 <ブランネージュ=2着>秋山騎手
 枠が良かったし、イメージ通りの競馬ができた。
勝った馬が強かった。
今の状態をキープしていければ、オークスでもいい競馬になると思う。

 <マイネオーラム=3着>松岡騎手 
まだフラフラするが、よく伸びてくれた。
内枠だったらもっと際どかったはず。
距離が延びるのはいいので本番は楽しみしかない。

 <マローブルー=4着>戸崎騎手
 センスのいい馬だし枠は内の方が良かったかもしれない。

 <ニシノアカツキ=5着>勝浦騎手
 思った感じのレースができた。もうワンパンチだっただけに残念。

 <マジックタイム=6着>杉原騎手
(後藤騎手が10Rで落馬負傷して乗り替わり) 
直線で前があいた瞬間は前を捉えられそうな手応えでしたが、
坂を上がり切ったところで止まった。
久々の分もあったのかもしれません。機会を生かせずにすみませんでした。

 <イサベル=7着>浜中騎手 
二の脚から進んでくれなかった。
素質は感じるし、良くなるのは先。

 <マイネグレヴィル=8着>柴田大騎手
 ハナに立ち自分の競馬ができた。
この馬には馬場が良すぎた。

 <デルフィーノ=9着>横山典騎手 
稽古から乗っているが思った通りいい馬。
一夏越せば良くなりそう。

 <ハピネスダンサー=10着>藤岡康騎手 
外に出して一瞬伸びかけたが、
前半少し力みがあったので、その辺が影響したのかも。

 <ヤマニンアリエッタ=11着>横山和騎手
 折り合いがついていたし、
この馬なりに頑張っていると思う。

 <プロクリス=13着>内田騎手 
最初はハミをかみかけたが、
その後は折り合いがついた。久々でまだ少し体が重かった感じ。

 <ムードスウィングス=14着>北村宏騎手
 スタートが決まらなくて内から差を詰めたが、
思ったほど伸び切れなかった。

 <スペランツァデーア=15着>蛯名騎手 
体も減っていたし外枠も影響あったが、
これから走ってくる馬。

 <シャドウカラーズ=16着>村田騎手 
メンバーがそろっていた中で自分の競馬ができたのは収穫。

 <パナシュドール=17着>田辺騎手
 芝スタートではスピードが出ないので、
その差が出た。

 <シードオブハピネス=18着>石橋騎手
 センスはいい馬だけれど、
最後は伸び切れなかった。

読売マイラーズCを振り返って

レースを振り返って/マイラーズC

 <ワールドエース=1着>シュタルケ騎手
 とてもハッピーだ。馬の調子は良かったし、
いいスタートも切れた。いいレースができた。

 <フィエロ=2着>武豊騎手
 残念。勝ちたかったね。いい感じだったけど・・・
坂の下りで若干、力んだかな。でもトップレベルでやれる馬ですね。

 <エキストラエンド=3着>川田騎手
 上手に走ってくれました。
直線でもしっかり伸びたけど、あまりにも時計が速すぎましたね。

 <レッドアリオン=4着>川須騎手 
うまくゲートは出てくれたけど、外枠だった分、
前に壁をつくれなかった。直線でソラも使っていたし、そのあたりが課題。

 <オースミナイン=5着>池添騎手 
松永先生と相談して攻める競馬をした。
前で流れに乗れたし折り合いもついた。体も良くなっており、これからの馬。

 <カオスモス=6着>和田騎手 
折り合いがついての2番手でぴったりうまくいったと思ったけど、この馬には上がりが速すぎた。

 <サンカルロ=7着>吉田豊騎手
 こんな馬場なのでもう少し前で競馬をしたかった。京都のマイルは合う。

 <カシノピカチュウ=8着>松山騎手
 流れに乗れたけど、こんな速い馬場だったので・・・。

 <アドマイヤドバイ=9着>小牧騎手
 準オープンを勝ったばかりの馬なので・・・。
上がりが速すぎた。

 <アクションスター=10着>北村友騎手 
初のマイル戦だけど流れに乗れた。
しまいも脚を使っている。

 <エールブリーズ=11着>酒井騎手 
流れが速かったとはいえ、
この距離で折り合いがついたのは収穫。

 <ダノンプログラマー=12着>ペドロサ騎手
内々を通って手応えは良かったけど直線で止まった。

 <コアレスドラード=13着>国分恭騎手
 時計が速かった。しまいはいい脚を使っているけど。

 <ラトルスネーク=14着>幸騎手 
流れに乗れたし折り合いはついたけど
、前が止まらなかった。

 <ラインブラッド=15着>藤岡佑騎手
 流れが速かった。距離はこれぐらいが合う。

 <サワノパンサー=16着>高倉騎手
 ペースが速く、追走に苦労した。

 

フローラS、マイラーズC調教情報

jra

中央競馬情報

フローラS調教

1位 マジックタイム 96点

抜群の反応。併走馬を瞬時に突き放す

2位 イサベル 95点

重賞出走の古馬を相手に互角の動き。力強い走り

3位 サングレアル 94点

長めからの攻めで、しまいまでしっかり

マイラーズC調教

1位 カオスモス 97点

坂路4ハロン50秒8の木曜1番時計で絶好調

2位 フィエロ 96点

武豊騎手を背にCウッド躍動。併走馬ちぎる

3位 オースミナイン 96点

しまい重点に坂路で好時計。馬体も充実する

福島牝馬S調教採点

1位 ケイアイエレガント 96点

坂路を勢いよく駆け上がった。ゴール前の動きは時計以上の迫力

2位 キャトルフィーユ 95点

Cウッドで3頭併せ。最内から先行馬2頭を楽に抜き去る

3位 サンシャイン 94点

ポリトラックで単走。輸送を控え負荷は抑え気味だが、ラストは11秒4の鋭さ